これからの家造りは65年~100年住宅が基本

私たちは、今まで、家を考える時、家族に自分のお部屋を持たせてあげたい一心で、お部屋が幾つあればいいという事を重視して、家を手に入れてきました。
その結果どうでしょう、子どもが成長したら、家から出ていってしまい、親だけが取り残されてしまう。
そうすると親だけなので、家にも余り手を入れない。家がボロボロになり、壊してしまう。
このような習慣のため、家も長持ちする家ではなく、25年~30年しか持たない家になってしまったのです。

いわゆる、【家の使い捨て時代】になってしまいました。
日本は先進国なのに、家だけはお粗末と言われ、厳しさの中、ようやく日本も、「欧米並みの長持ちする家で省エネの住まい」を実現しようと、法整備も整い、2020年までに軌道に乗せる方針です。

したがって、今までの家造りのように間取りだけを重視して家造りをしていては、時代遅れになってしまいます。

ならば、どのような家が理想なのか、知る必要があります。
結論から申し上げます。

これからは、まず勉強して自分たち家族の家について方向性を決め、出来れば3世代住める家を考え、子どもたちや孫たちが住み続けられる家造りでなければなりません。
もう少し具体的にご説明すると、
構造材などは長持ちする材料を
木は腐食しにくくシロアリの被害にあいにくいものを
開口部(サッシ)は結露しにくい断熱樹脂サッシを
使い、出来れば自然素材で耐震性が高い制震構造で省令準耐火構造が望ましいです。

このような事を考慮に入れ、総費用がお手頃費用の注文住宅が理想です。
何かの参考にして頂けたら幸いです。

ダイコーホーム
http://www.daikocp.co.jp
株式会社 大光コーポレーション
TEL 049-269-3000 / FAX 049-269-2220 / MAIL info@daikocp.co.jp
営業時間 9:00~18:00 / 定休日(第2火曜・毎週水曜)

 

自然素材で健康にいい、評判の家を埼玉に建てたい

新築住宅の価格に大きく影響するのは、家の広さ、窓や間仕切りの数、デザイン性のある凝った造りなどです。

居心地のいい個室をつくると、部屋から出て来なくなり家族と話す機会も減って、コミュニケーションが取れず、家族間で何を考えているのか分からなくなるとか・・・。家族の誰かが孤独で寂しい思いをしているとしたら、せっかく造った家も台なしです。

家を建てる目的は、家族と生活を楽しむことです。家族みんなが集りやすい間取りや、いつでも家族が触れ合え、会話が楽しめることが大切です。
子どもの自立のために個室を考える方も多いのですが、親の目が届かずいい結果になりません。手本を見せて、言って聞かせ、それを続けさせるには目が届くところに親が居ることです。

例えば、完全な個室を子供部屋として用意するのではなく、「可動式の仕切り棚を利用した部屋」を受験前などの特別な時期だけ勉強部屋(個室)とするとどうでしょうか。子どものためにもよく、子どもが巣立った後は、棚の移動で無駄な出費なく希望の間取りに戻すことができます。よくある「使わない、元 子供部屋」をつくらずにすみます。

無駄を省き、建築予算を無垢の床フローリングや畳、無垢の建具などにまわせば、予算内で自然素材の理想の家を建てることは簡単です。
自然素材の家は、心も体も癒され元気になります。
小さな子どもは環境に敏感なので、裸足で元気に床を走りまわります。
きれいな空気と適度な温度や湿度があり、冬は春の暖かさ、夏は秋の爽やかさで、家にやさしく包まれているような心地よさがあります。

家族が健康でいられることが、第一の幸せなのです。
笑顔と笑い声のあふれる家づくり、家族が健康に過ごせる家づくり、それが私たちダイコーホームの家づくりです。

自然素材で家を建てたい子育て中の方、建替えをお考えの熟年カップルの方に、お住み頂きたい優しい家です。
建ててよかったと評判の、高断熱・高気密の次世代省エネの家を、私たちが責任を持ってお渡しします。