これからの家造りは65年~100年住宅が基本

私たちは、今まで、家を考える時、家族に自分のお部屋を持たせてあげたい一心で、お部屋が幾つあればいいという事を重視して、家を手に入れてきました。
その結果どうでしょう、子どもが成長したら、家から出ていってしまい、親だけが取り残されてしまう。
そうすると親だけなので、家にも余り手を入れない。家がボロボロになり、壊してしまう。
このような習慣のため、家も長持ちする家ではなく、25年~30年しか持たない家になってしまったのです。

いわゆる、【家の使い捨て時代】になってしまいました。
日本は先進国なのに、家だけはお粗末と言われ、厳しさの中、ようやく日本も、「欧米並みの長持ちする家で省エネの住まい」を実現しようと、法整備も整い、2020年までに軌道に乗せる方針です。

したがって、今までの家造りのように間取りだけを重視して家造りをしていては、時代遅れになってしまいます。

ならば、どのような家が理想なのか、知る必要があります。
結論から申し上げます。

これからは、まず勉強して自分たち家族の家について方向性を決め、出来れば3世代住める家を考え、子どもたちや孫たちが住み続けられる家造りでなければなりません。
もう少し具体的にご説明すると、
構造材などは長持ちする材料を
木は腐食しにくくシロアリの被害にあいにくいものを
開口部(サッシ)は結露しにくい断熱樹脂サッシを
使い、出来れば自然素材で耐震性が高い制震構造で省令準耐火構造が望ましいです。

このような事を考慮に入れ、総費用がお手頃費用の注文住宅が理想です。
何かの参考にして頂けたら幸いです。

ダイコーホーム
http://www.daikocp.co.jp
株式会社 大光コーポレーション
TEL 049-269-3000 / FAX 049-269-2220 / MAIL info@daikocp.co.jp
営業時間 9:00~18:00 / 定休日(第2火曜・毎週水曜)

 

夏爽やかな暮らし

最近年ごとに、暑さ厳しくなりエアコンを「ガンガン」かけたくなる事もあると思います。
あまりエアコンを強くかけていると、
健康にも良くないし、省エネ対策にもなりません。

真夏の暑い時には、外気温度が40℃を越える日が、沢山あると思います。

これから、新築一戸建ての家づくりや住宅リフォーム・外壁塗装をお考の方は、
屋根断熱の強化(ダブル断熱)対策や、壁内通気対策、調湿効果(自然素材などの)
対策・遮熱対策などが、最も大切ではないか、と私は思っています。

ダイコーホームは永年次世代省エネ住宅を手がけ、いろんな経験から
「もっと、いい家」にしたい、と考えた結果、上記の4つの対策を組み入れました。

耐震や省エネは基より、「住み心地」や「気持ちよさ」「快適さ」が、
今要求される時代ではないか、そう思っております。

私の家づくりは「冬暖かく、夏爽やか」な家です。
夏爽やかに暮らせる家は、冬も「暖かい」気持ちいい家です。

そして、いつも考えている事は、本当に、しっかり造った「いい家」だ、
と喜んで頂ければ嬉しく思います。

最後に、上記の対策は、皆様方の家づくりの参考になればと思い書きました。

一人でも多くの方が、家づくりに成功されます事を、心から
お祈り申し上げます。

ダイコーホーム
http://www.daikocp.co.jp
株式会社 大光コーポレーション
社長  阿部  健

新築は省エネ住宅に義務化

※ 2012/08/09 22:36:29

2020年までに全ての新築が省エネ住宅に義務化?

地球温暖化対策を考えた場合、どうしてもCO2排出量を早急に削減しなければなりません。生活スタイルをいかに低炭素社会につくり上げるかです。

生活時になお一層の省エネ化を図り、CO2排出量をできるだけ減らすためには、みずからエネルギーを創りだすことです。

それは、太陽光・地熱・バイオマス(木質ペレット)・風などを利用して創エネルギーの、ライフスタイルに変える家づくりが、必要だというもの。

すなわち「自然エネルギー活用の住宅」が義務化になるのです。

また、並行して健康的で省エネ化を進めるために、木を使った家づくりや、LEDでの節電とか、外断熱・高気密で新築する場合も「省エネルギー住宅」が義務化になるので今から考えておくことが大切です。まさに、「ソーラーサーキットの家」が、これからの家なのです。

私どもは、「スマートな消費行動」をされる方に選ばれています。

「家を新築する」ことは、一生に一度の大事業です。注文住宅の健康住宅「ソーラーサーキットの家」に住んでみれば、少しのエネルギー使用でありながら、快適な生活ができる家ということが、お分かりいただけます。

ダイコーホームは低炭素社会に協力しています。

※ 2012/12/03 11:50:00

今回の猛吹雪により、大停電に遭われた北海道の皆様、たまらない寒さと暗闇の不安など、さぞかし大変な毎日だったのではないでしょうか。心よりお見舞い申しあげます。自然災害が起きますと、即大きな影響が出てしまうインフラ設備が、私たちの日常にとって、いかに大切かをいつも痛感させられます。

今回の停電の経験で「発電設備と蓄電池があれば・・」と思われた方も多いのではないでしょうか。これからの低炭素社会への取り組みを、真剣に考える機会にもなりました。 私たちは家造りを通じて、省エネルギー、CO2排出削減に取り組みながら、地域の方が安全で、安心して健康的な住生活が快適に送れるよう努力を続けていきます。

省エネルギーで、健康にいい温熱環境、きれいな空気のソーラーサーキットの家を、子育て世代の方や、体力のないお年寄りと同居されているご家族の方に、この家を知っていただき、この家で元気で長生きしていただき、赤ちゃんはすくすく丈夫に育ってほしいと願っています。

「省エネルギー」という観点から、当社のお客様でリフォームにより生まれ変わったお宅をご紹介します。 ■リフォーム前のお宅へ社長が伺ったところ、驚くほど家の間取りが悪いことに気付き、機能を発揮しない部分のリフォーム工事とオール電化、太陽光発電工事を取り入れた結果、毎月驚く程の売電があるとの報告を受けています。 このように、ネット・ゼロ・エネルギーは簡単にできて、賢く住まう方法も楽しめます。 少し高価に感じる家ですが、これから何十年と続く、省エネルギー住宅の快適な住みごこちと、低ランニングコストは、後悔のない家づくりになることでしょう。 灯油代もガス代も必要なし、その分を「つもり預金」にして、繰り上げ返済にしてもいいし、家族旅行を楽しむこともできます。

お施主さまのご好意により、完成見学会は、来年1月末の予定となっております。どんな家なのか、地熱の暖かさ、暖房を足す温度の確認など、省エネ住宅の知識を高められ、家づくりを成功されますよう願っております。

 

ダイコーホームの省エネ住宅は 「少エネ住宅」?!

※ 2012/11/11 18:25:00

これからの家づくりは、省エネ性能が家の資産価値に大きく影響します。家づくりには、

①エネルギーがたくさん必要な従来の住宅

②エコ設備を使って必要なエネルギーを効率化する省エネ住宅

③自然エネルギーを活用し必要エネルギーをさらに効率化する少エネ住宅(当社の注文住宅の健康住宅ソーラーサーキットの家など)の3タイプがあります。

省エネ住宅の基本性能に必要なのは断熱性(断熱方法)と、気密性です。(気密性とは、家を締め切った状態で、家にどれだけの隙間があるかを表したもので、数値が小さいほうが性能が良い)気密の低い家では、すき間から外気が入り冷気が足元に溜ります。足元が寒いのでどんどん暖房しなければなりません。

暖まった空気は膨張して上昇し、すき間から外へ出てしまいます。28℃くらいでやっと足元も暖かくなります。足元が冷える家では、温度差によるヒートショックが起きやすくなります。

ヒートショックは室温の変化によって血圧が急激に上昇したり下降したり、脈拍が速くなったりする状態のことです。衣服を脱ぐことで温度差がさらに危険を招く入浴、その入浴中に亡くなられる方は年間約1万4千人。交通事故で亡くなる方のなんと約3倍です。高齢者が家の中で亡くなる原因の約4分の1がヒートショックです。

予防策には家の中の温度差をなくすこと、温度差は3度以内が理想です。気密の高い家は、温度差がなくなり家中あたたかく、暖房すると20℃くらいでも暖かい。気密の低い家と高い家の暖かく感じる温度の差は8度もあります。この温度差のために「逃げていく空気を暖めているエネルギー」はムダ使いになりませんか?気密のある家は、足元が暖かい。防音性がある。温度差がほとんどない。空気溜りが起きない。ニオイ溜りもない。これが少(省)エネ住宅の健康住宅ソーラーサーキットの家です。地球環境にも家計にもやさしい家「少(省)エネ住宅」に住んで貯蓄上手になりませんか。

環境に配慮の健康住宅は、低炭素社会の基本の家造り?

※ 2012/11/25 17:21:00

これからの家造りは、生活に必要なエネルギーを各住宅で創り、その範囲で快適に暮らすことが求められるゼロエネルギー住宅に向かっています。エネルギーを「見える化」して、賢く消費する家(スマートハウス)にすることが先決のようです。家の省エネルギー性能が高いほど有利になりますが、ガスも電気も使わない社会は、経済面で心配という意見もあるようです。CO2削減は水道・排水・節水機能と機器まで入るようです。ライフラインが途切れた場合も、暖かく涼しい家なら命の危険には及びません。いろんな場面を考えた家造りと、太陽光発電も重要になりそうです。省エネ住宅とも健康住宅とも言える「ソーラーサーキットの家」は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の応募要件を満たした提案177件の中に「ころもがえ」パッケージで入っています。ソーラーサーキットの家は、夏型と冬型の家になる機能があり、暑さ寒さの厳しい季節を少ないエネルギーで、快適に暮らせることから『ころもがえ』ができる家とされています。この「ソーラーサーキットの家」は、夏は2~3℃をエアコンで冷やすだけでよいですし、冬も地熱を利用した15℃から足りない温度を暖めるだけでよいので、少しのエネルギー消費で快適な住まいになります。そのうえ、温度や湿度、騒音やニオイなどをガマンしないで暮らせる、住む人にも地球環境にも優しく、健康にもいい家です。埼玉の注文建築のダイコーホームでは、環境配慮をさらに高める低炭素社会への家づくりとして、省エネ住宅・健康住宅の「ソーラーサーキットの家」をお勧めしています。「エネルギーの自給自足」を目指すなら、省エネルギーで快適な暮らしができる家が基本ではないでしょうか。その意味でも、この「ソーラーサーキットの家」はぴったりです。 ★キャンペーン情報★

12月末日までに新築住宅を申し込みの方に、健康塗り壁ダイアトーマスを、無料で施工することができます。 詳しくは、当社へお問い合わせください。