国産材使えばポイント…政府が検討に入る

※ 2012/08/24 18:14:00

国産木材を使って住宅を建てた人に、家具や家電製品、地域通貨などと交換できるポイントの付与制度を創設する方向で、政府が検討に入りました!これは、使用する国産木材の量に応じてポイントがもらえる仕組みで、木造住宅の場合、1戸あたりの付与ポイントは、20万~30万ポイント(1ポイント=1円)程度になるようです。受け取ったポイントは、いろいろな商品と交換できるようになりそうです。木材を使った家に住み、みんなが体も心も健康になるのはとても嬉しいです。私たちダイコーホームは、健康になる家づくりをモットーにしています。そのため、埼玉県産材の西川材ヒノキ材を、ソーラーサーキットの家に積極的に使うことにしています。ソーラーサーキットの家は、とても合理的な省エネ住宅です。そこに県産材の西川ヒノキ材を使えば、体だけでなく、心にとっても心地良い家になり、住み心地がますます良くなります。マイナスイオンの発生、消臭、精神の安定など、木材には様々な効能が期待されるからです。また、その木材が育った環境(気候・温度など)と変わらない場所で使用されることで、より長持ちします。県産材をおすすめする理由がそこにあります。スマートな消費者から選ばれているソーラーサーキットの家。ランニングコストが抑えられてお得、そして国産木材を使うことで、心地よい上にポイント付与…と、さらにお得になるのであれば、こんないい事はありませんね。今後を見据えてスマートな家づくり、始めてみませんか。