これからの家造りは65年~100年住宅が基本

私たちは、今まで、家を考える時、家族に自分のお部屋を持たせてあげたい一心で、お部屋が幾つあればいいという事を重視して、家を手に入れてきました。
その結果どうでしょう、子どもが成長したら、家から出ていってしまい、親だけが取り残されてしまう。
そうすると親だけなので、家にも余り手を入れない。家がボロボロになり、壊してしまう。
このような習慣のため、家も長持ちする家ではなく、25年~30年しか持たない家になってしまったのです。

いわゆる、【家の使い捨て時代】になってしまいました。
日本は先進国なのに、家だけはお粗末と言われ、厳しさの中、ようやく日本も、「欧米並みの長持ちする家で省エネの住まい」を実現しようと、法整備も整い、2020年までに軌道に乗せる方針です。

したがって、今までの家造りのように間取りだけを重視して家造りをしていては、時代遅れになってしまいます。

ならば、どのような家が理想なのか、知る必要があります。
結論から申し上げます。

これからは、まず勉強して自分たち家族の家について方向性を決め、出来れば3世代住める家を考え、子どもたちや孫たちが住み続けられる家造りでなければなりません。
もう少し具体的にご説明すると、
構造材などは長持ちする材料を
木は腐食しにくくシロアリの被害にあいにくいものを
開口部(サッシ)は結露しにくい断熱樹脂サッシを
使い、出来れば自然素材で耐震性が高い制震構造で省令準耐火構造が望ましいです。

このような事を考慮に入れ、総費用がお手頃費用の注文住宅が理想です。
何かの参考にして頂けたら幸いです。

ダイコーホーム
http://www.daikocp.co.jp
株式会社 大光コーポレーション
TEL 049-269-3000 / FAX 049-269-2220 / MAIL info@daikocp.co.jp
営業時間 9:00~18:00 / 定休日(第2火曜・毎週水曜)

 

家族の健康を重視した、100年住宅

家族の健康は衣・食・住それぞれ健康配慮した生活が重要だと思います。
それで、ここでは「住」についての、とても大切なことを重点的に、
お話ししたいと思います。
皆さん、孫の代まで住み続けることができる住宅で、尚且つ、健康に
暮らせる住宅とは、一体どんな住宅なのかご存知ですか。
今までの住宅は、新建材とビニールクロスの住宅で、家自体が呼吸できなく
結露やカビ、ダニ、そして室内の空気は化学物質で充満し、アトピー、
そして化学物質過敏症、喘息、シックハウス症候群等で、悩まされてきました。
そして我が国では、F☆☆☆☆ の基準をつくり軽減していますが、軽減している
だけで、無くなった訳ではありません。
ですから、住宅を造る時は、材料の選定が大切なのです。
当社ダイコーホームでは、構造材から吟味し、このような病気に、なりにくい
ような家造りをしています。
どんな材料を選ぶのかと言うと、それは天然素材と自然素材です。
ただし、全部ではありません。
外断熱工法等の断熱材は、ポリスチレンの石油製品です。火災の時はフロンガス
は出にくく、燃えにくい材料です。
もうひとつ、剛床工法なので、28㎜の構造用合板を1階と2階の床に
使用しております。
どうしてものところだけの使用です。
 
また当社ではウール断熱工法がありますが、バージンウール70%+リサイクル
ポリエステル繊維30%の断熱も使っております。
 
これは次世代省エネ基準等級4適合で、防露認定、防火構造認定を取得している
断熱材です。とても爽やかな暖かさで住み心地よく暮らせる断熱材です。
このように外断熱・二重通気工法、または外断熱工法は、乾燥しがちなところが
ありますので、「住み心地」を更に快適にするために、室内湿度を出来るだけ
快適湿度に近づけるように、工夫しております。
そして、一番大切な基礎ですが、基礎のW巾をアップし、コンクリート強度を孫の代まで
住み続けられるようにしております。
まだまだ色々な事がありますが、次回に、ご説明したいと思います。
詳しくは担当者にお尋ねください。
ダイコーホーム
http://www.daikocp.co.jp
株式会社 大光コーポレーション
TEL 049-269-3000 / FAX 049-269-2220 / MAIL info@daikocp.co.jp
営業時間 9:00~18:00 / 定休日(第2火曜・毎週水曜)

年末年始【12/30~1/5日休業です】

こんにちは。スタッフ阿部よし子です。

休日に家具のお店に行った時のこと
2階の家具売り場に立ったとたんに、
社長と私は目が痛くなりました。

痛みをガマンして探していると、理想的なサイズの
リビングこたつがありました。
サイズ的にはいい、でも
このニオイと目の痛さには閉口していました。
これが我が家に入ると思うと
ダメダメ。と、他店へ行きました。

自然素材を使うと気持ちがいいのは、
呼吸する素材なので、空気がきれい、
調湿効果で、暖かくさわやかだからです。

豪華な設備や家具もいいけれど、
家は、家具のように買い替えることができません。

健康な今だから、自然素材を選びたい。
節約してもいいところや、こだわりたいところ、
本音で打ち合わせしたあとは、
業者にまかせるのも手、
いい家になると思う。

家は多色づかいをしないで、シンプルがいい、
年代を感じさせない家はシンプルです。
落ち着く歳になった時、後悔しないで済む。
流行を取り入れ過ぎると、飽きやすく、
誰が見ても年代がわかるので、
やがて古さが強調されます。

本物は使い込めば味になり、修復も可能ですから
これからますます選ばれます。

寒さはこれからが本番!と思いきや
もうとっくに寒波襲来です。
寒い家は危険がいっぱい
冬の温度差によるヒートショックで
寒い朝や夜中に体調を崩しやすくなります。
お風呂場、トイレ、洗面室で倒れやすく
お風呂で溺死しても心臓の問題となり
「ヒートショックが原因」
ということが見過ごされてしまい
多くの人は寒さが、体に大きなストレスを
もたらすことを知りません。
「もう年だから」と、
あきらめていたのではないですか。

寒い家には国から改修命令が出る
という英国では、命令に従わなければ
取り壊されるそうです。
血管の収縮で血圧の変動が激しくなるのは
40代からです。(若っ!)

古い家は、断熱材が入っていない場合が多く、
入っていても断熱材の効果が「ゼロ」に
近いありさまになっています。
結露を含み、垂れ下がっており
均一ではないからです。

隙間だらけの中で暖房しても
暖かくならず、エネルギーのムダ遣い。
おまけに暖房している場所しか
暖められないので、危険と隣合わせです。

良品断熱にすると、省エネだけでなく健康にも有効です。
温度差の少ない暖かい家は
エネルギー使用を減らせ、
医療費を抑えられて、低体温になりにくく、
長生きできる家になります。

来年の羊年には
羊毛断熱の暖かさと、自然素材の
気持ちいい暮らしを、
ご提案したいと考えています。

新年は6日から通常営業となります。
皆さま良いお年をお迎え下さい。

ダイコーホームでは、自然素材の気持ちいい家造りを提案しています。
自然素材は「高い!」とお思いかもしれませんが、差額で考えると取り入れ
やすくなります。

 

ダイコーホーム
http://www.daikocp.co.jp
株式会社 大光コーポレーション
TEL 049-269-3000 / FAX 049-269-2220 / MAIL info@daikocp.co.jp
営業時間 9:00~18:00 / 定休日(第2火曜・毎週水曜)

屋根ダブル断熱で室内や小屋裏を更に快適に!

「 ソ-ラ-サ-キット」は「外断熱」の技術に「二重通気工法」の技術を
組み合わせた、独自に開発された工法で、冬暖かで、夏爽やか、で快適です。

とは言え、近年では最高気温を更新するなど、夏の暑さが大変厳しくなっています。
ダイコ-ホ-ムでは対策として、屋根の外断熱の上に遮熱シ-トを施工し、
光熱を抑え、省エネ効果を高めます。

屋根の内側には、補助断熱として調湿性のあるウール断熱で熱抵抗値を
高め、暑い熱を家の中に入れないように、ウール断熱で補助します。
そして更に省エネで、快適な室内を造り上げています。

また内部の造作仕上げも、ヒノキや杉そして自然素材なので、「気持ちのいい
くつろげる住まい」にしたいと考えております。

この屋根ダブル断熱は、「ソ-ラ-サ-キット」だけでなく当社の他の工法にも
取り入れております。
何か解らない事がありましたら、お気軽に、ご相談ください。

●ウール断熱で高気密、高断熱の欠点を解消!

ウ-ル断熱は防音効果に優れているため、2階の音が気になる高気密住宅の床に
ウ-ル断熱を使い、2階の音を抑え、1階で聞こえ難いように致します。

また、2階の床にウール断熱を、入れることにより断熱性能や調湿性能を、
更に高め快適にしています。

 

ダイコーホーム
http://www.daikocp.co.jp
株式会社 大光コーポレーション
TEL 049-269-3000 / FAX 049-269-2220 / MAIL info@daikocp.co.jp
営業時間 9:00~18:00 / 定休日(第2火曜・毎週水曜)

 

地域密着工務店が建てた新築の家は今も…

こんにちは。スタッフ阿部 よし子です。

地域密着工務店が建てた新築、今はどうなのだろう?

地域密着工務店が、近所に建てた外断熱の家、
住みごこちを聞いてみると、
10数年すぎた今も、
「冬あたたかく、夏涼しい家・・」と。
それは、昔聞いたものと同じだった。

大きな会社が建てる家だけでなく、
小さな工務店が建てた、いい家もあるからと、
この度、お孫さんのお嫁さんと二人で来店された。

デザインだけを気にしている若い方に対し
本当にいい家を手に入れてほしいという
お気持ちが伝わって来る。

男性は外観から、女性は細かい場所の、
気に入ったかわいいところに注意が行く。
研究熱心な人は、知識が多くなり過ぎて、逆に
何が良かったのか迷ってしまわれる。

ご家族の想い、
大切なお金、
後悔しない家づくりをして、
幸せになってもらいたいと心から願う。

2千万の家は、現金でない限り、
その額では買えません。
家よりも、高い買い物が、実はローン!
そうです。ローンが一番高い買い物なんですね。

大切な家族の命を守る住まいは、
健康でいられること、
災害で電気を使えなくなった時でも、
寒さや、暑さから守れる家がいい。

せっかく新築するなら、
家の性能や、内装に配慮して
「健康に関心があるあなたが選んだ家だけある」と、
家族や友人に言ってもらいたい。

無垢の床フローリングや、
珪藻土の塗り壁、
気持ちのいい自然素材には、
「足の裏が喜んでる~」
(アトピッコハウス(株)ブログより)
このような言葉を、わが子から聞きたい。

社長が今でも持ち続ける思い
「母を暖かい家に住まわせたかった」。
その思いが、「暖かい家」へのこだわりとなっている。
そして、冬に暖かい家は、
その素材や造りから、
夏に涼しい家になる。

「親孝行は、生きている間にしなさい」
という社長の言葉に、
遠慮なくさせてもらっています。
いつも感謝です。
自然素材の気持ちいい家を造るのが好きだから、いつも家族が元気で笑顔があれば、
豊かな明日があります。幸せを願うことから家づくりは始まります。

ダイコーホーム
http://www.daikocp.co.jp
株式会社 大光コーポレーション
社長  阿部  健

新商品の概要

こんにちは。
当ブログ、そしてダイコーホームのホームページにお越し下さり有り難う御座います。

「自然素材の注文住宅」や「注文建築」についてのブログを担当している、
埼玉県ふじみ野市のダイコーホーム 「阿部 健」 です。

ダイコーホームでは、今までの合板フローリングやビニールクロスの家では、
「室内の空気汚染」が心配なことに、気付きました。

室内空気汚染は、子供さんは大人の2倍も被害を受けやすいそうです。
最近子供のアトピーや喘息、アレルギー疾患などが増えています。

ダイコーホームは、自然素材の家で、一人でも多くのお子さんが、
健康で元気に成長して欲しい。と願っています。

それでは、新商品の一つ目の工法は、
自然素材の羊毛断熱を使った工法です。
構造体、造作材、内装材等自然素材で、結露がなく、調湿性の高い仕様です。
3種類ご用意しております。

また新商品二つ目の工法は外断熱で自然素材を同じ
ように使う仕様の家
で、3種類から選べます。

さらにグレードが高い、ソーラーサーキットの家も
自然素材の仕様
で、タイプ別に3種類、ランク別に
3種類、選ぶことができます。

お子さんやご家族の健康を配慮した、自然素材の「暖かい家」を造っている、
地域密着の小さな工務店です。 どなた様もお気軽にお問い合わせください。

詳細については、
  お電話、または、お問い合わせフォームより
  ご連絡いただければ幸いです。
  Tel.049-269-3000

ダイコーホームでは、自然素材の気持ちいい家造りを提案しています。
自然素材は「高い!」とお思いかもしれませんが、差額で考えると建てる
ことが出来るのです。

ダイコーホーム ウェブサイトはこちら。

いい家は「冬暖かく、夏涼しい」ことです

今日会社にOB様が来られて、

”「暖かい家」「涼しい家」が一番いいですね。
しかも、エネルギーを最小限に抑えられていること”
と話された。

座られてすぐに
”「暖かい家」を造ってください。
それだけでいいんです。”

この言葉で始まった家づくり
ほんとうに多いのには驚きます。
いままで冬寒くて、夏暑い家があたり前だったからです。

夜寒くて眠れなかった家は
外気温と差がない「すき間だらけの家」で
とうぜん、夏は暑い家です。

寒さや暑さが原因で、睡眠不足になるとつらい。
若いときには1日徹夜しても平気だったけれど
だんだん弱くなって、体力の回復が遅れてきます。

「暖かい家は快適な住み心地」と、話されるお客さまの
笑顔がとても輝いていました。
近所の建築中工事現場と、ご自宅の工事との違いを見て
驚いたとか。

そのようなご報告をいただきました。
これからも1軒1軒丁寧に造った家で
喜んでいただこう。

『地域密着工務店として、愚直に家造りをする。』

工務店って何するところ?

「近所にある工務店って
トイレを直したり、屋根を直したり、キッチンの流し台を取り替えたり
リフォーム工事をするところ・・・」
というのが多くの方の「工務店」に対する位置づけのよう。

実際に家を建てるのはハウスメーカーではないということ
意外と知らないみたい
ハウスメーカーから工事を請負って、工務店が家を建てていること。

ハウスメーカーから請け負っていない工務店もある。
地域密着の工務店と言われ、お客さまから直接工事を請け負うため
中間マージンがないので、安く建てられます。

工務店にはカッコいい営業マンも、豪華なパンフレットもありません。
そして、展示場もありません。
経費をかけていないぶん、工事費として使えるお金が多いので
良質の材料で家を建てることができます。

2~30年しか持たない「今の普通の家」と
長く使える無垢の床と塗り壁の「昔(ながら)の普通の家」との違いは
「昔の普通の家」は家が呼吸しているので、空気がきれいなところ。

昔の家はシックハウスなどありませんでした。
戦後、住宅難を解消するために、早く・簡単に・安く建てられた結果、
材料や工程が大きく変化し、アトピー、アレルギー、心の面にも影響が出てきました。

その上、寒くて暑い家になっています。

きっと、こうした変化に気づいている人はたくさんいて、本当は
「自然素材を多く使った空気のきれいな家」
「機器をできるだけ使わない、暖かくて涼しい家」
が欲しいと思う。
もちろん、「手が届くお値段の家」

本当は・・・でも・・・と、あきらめないで。わたしたちが応援します。
応援できるのは、
わたしたち地域密着工務店が、そんな家を造っているからです。

家族が何代も長く住み続けるような
古くなっても愛着のある家
あの古民家やアンティークの部屋や家具と同じです。

古びたテーブルの傷さえも味わい深く感じるのは
無垢の木だから

新建材の接着剤がはがれた床や家具を見ても
決して味わい深いとは言えません。

自然素材にこだわる社長は、自然が大好きです。
山や川、鳥のさえずり、川のせせらぎを聞きに行ったり
写真にしたり、休日は時間を惜しむかのように楽しんでいます。

ダイコーの注文住宅「家造りのポイント」

当社の家造りでは、常に以下のポイントを意識し、大切にしています。
・家族が必ず顔を合わせる家造り
・コミュニケーションが取りやすく、いい子が育つ家造り
・赤ちゃんからお年寄りまで健康で身体に優しい家造り
・子から孫の代へ受け継がれる長持ちする家
・いつまでも飽きの来ない家

新しい家に住むお客様の笑顔は私どもも大変嬉しいものですが、ある程度の年月が経った頃、同時期に建った近所の家と比べられて、お客様からお喜びの声をいただくと、長年の経験を生かした提案ができたことを、素直に心から嬉しく思います。
お施主さまと協力しての夢の家づくりは、何も無いところから始まるため、想像力や、理想と現実の直視、家族の意見のまとまり、決定する力(これが一番重い)、責任などが伴うためやはり、一生に一度の大事業となります。

どなたも家が完成する頃には、家族のまとまりと、大きなことを成し遂げられた充実感もお見受けすることでき、そのような場に立会うことが出来ることを、私たちは誇りに思います。
一軒一軒、大切に丁寧に「いい家」を今後も造り続けていきます。
お客様の、「家に対する夢」の実現のために、全力でお手伝いをさせて頂きます。

『団欒』の家は、家族みんなが集り仲良く過ごすあたたかな家、そこに帰れば安心して、また明日から外で、元気にがんばろうと癒されるところです。
木の家で食卓を囲み、家族の顔を見ながらその日の出来事を話し合って、笑顔になれる、何でもない当たり前のひとときが「幸せ」を感じるように、私たちは家づくりには「安心」、「安全」と「幸せ」を第一に考え、健康でいられる家造りをしています。

予算の配分や、どんな工法の家があるのか、2020年の低炭素社会への家造りなど、一度 話を聞いてみたいとお思いの方、お気軽に当社へお出でになりませんか。
しつこい営業、勧誘は苦手なのでしておりません。
どうぞお気軽にお越しください。
お電話のお問い合わせにも、丁寧に対応させていただきます。

健康住宅は注文住宅のソーラーサーキットの家

※ 2012/08/26 22:11:00

家にも省エネルギーのダイエットハウスと、高エネルギーのメタボハウスがあります。本当の省エネルギー住宅とは、エネルギーをあまり使わずに快適さを保つ家です。夏も冬も、エネルギー使用を少なくする「少エネルギー住宅」です。室内で冷房をかけても、隙間の多い家では冷えた空気は逃げてしまい、更に冷やし続けなくてはいけません。しかし、隙間のない家では冷気が逃げないので、冷やし続ける必要がなくなります。隙間の少ない家が高気密の家です。外の気温と同じくらいの部屋はエネルギーをたくさん使います。蒸し暑くて寒い日本は、南国と北国の両方の気候を持っているため、夏用の家と、冬用の家が必要になります。その2つの家を1つにしたのが、健康住宅 ソーラーサーキットの家です。それは「家が衣がえ」をするようにできていて、夏は風の通る服装になり、冬は暖かさを保つ服装で、機能性のある衣服を着ているような家のことです。これらを自動で運転する「ナビ」というものがあり、湿度と温度を朝、昼、夜、変化があるたびに動きます。休まず見張っているナビは働き者なので、ほめてやりたいぐらい、住みごこちがいい家になります。これらのことをしても、どうしても寒いとき、暑いときだけエネルギーを使います。最少のエネルギー使用でいいのです。夏はまるで木陰の中にいるような、冬には太陽の温もりのような、やわらかい空気に包まれる家です。このような家は、注文住宅でしか造ることはできません。腕のいい大工の仕事への情熱、住宅会社の想いが1つになってこの家ができあがります。温度差の少ない家は、冬の浴室、夜間のトイレにも不快な寒さ、暑さがないので快適です。体温調節の苦手な赤ちゃんや、ご年配の方にも、安心・安全な家になります。健康住宅 ソーラーサーキットの家のことを勉強してみたい方は、今すぐお問い合わせください。「この家にして良かった」と感動されることでしょう。