いい家は「冬暖かく、夏涼しい」ことです

今日会社にOB様が来られて、

”「暖かい家」「涼しい家」が一番いいですね。
しかも、エネルギーを最小限に抑えられていること”
と話された。

座られてすぐに
”「暖かい家」を造ってください。
それだけでいいんです。”

この言葉で始まった家づくり
ほんとうに多いのには驚きます。
いままで冬寒くて、夏暑い家があたり前だったからです。

夜寒くて眠れなかった家は
外気温と差がない「すき間だらけの家」で
とうぜん、夏は暑い家です。

寒さや暑さが原因で、睡眠不足になるとつらい。
若いときには1日徹夜しても平気だったけれど
だんだん弱くなって、体力の回復が遅れてきます。

「暖かい家は快適な住み心地」と、話されるお客さまの
笑顔がとても輝いていました。
近所の建築中工事現場と、ご自宅の工事との違いを見て
驚いたとか。

そのようなご報告をいただきました。
これからも1軒1軒丁寧に造った家で
喜んでいただこう。

『地域密着工務店として、愚直に家造りをする。』