耐震+超制震住宅が「大切な命と財産」を守ります。

大地震の時でも「安心で安全」に暮らすためには耐震+超制震が必要です。


制震装置は色々ありますが、どの方向から地震がきても安心とは言い
切れない面があります。


「安心で安全」に暮らすには、どの方向から地震の揺れがきても、建物の揺れを出来るだけ
揺れないようにすることが大切です。


それであれば、しっかりした耐震構造にしておけば、いいのではないか、
と思いがちです。


地震に強い家というのは、ボルトや金物で頑丈に作るのが一般的です。
または柱の外側に構造用合板を張り、ミカン箱のように釘や
ビスでしっかり留めます。


しかし地震は1回だけではありません。余震など大きい揺れが何回も、
繰り返しきます。


そうすると釘やビスが緩んできます。そこに大きい地震が来たら、
家が傾く可能性もあります。これでは安全で安心に暮らせる家にはなりません。
時には大きい手直しが必要になる可能性も十分踏まえております。


このような事がなく、安全で安心に暮らせるためには、地震の揺れを最大で
80%も低減できる、高層ビルでも使っている、粘弾性体の木造軸組工法に
開発された、制震両面テープを、柱や梁の外側に、まんべんなく貼り、
その上に天然素材の耐力面材をビス止めします。


一番怖い地震の揺れを最大80%も低減するので、怖い揺れは殆んど感じなく、
安心で暮らせる耐震+制震構造です。


この粘弾性体は、清水建設、東京大学、防災科学技術研究所などの3者で共同開発
され、実物大振動実験で80%の揺れが低減されている事が証明されています。


この「耐震+超制震住宅」の粘弾性体は110年以上の耐久性があり
子や孫の代まで長持ちする家になり、
家族の一番大切な「命と財産を守ります。」




ダイコーホーム
http://www.daikocp.co.jp
株式会社 大光コーポレーション
TEL 049-269-3000 / FAX 049-269-2220 / MAIL info@daikocp.co.jp
営業時間 9:00~18:00 / 定休日(第2火曜・毎週水曜)