地域密着工務店が建てた新築の家は今も…

こんにちは。スタッフ阿部 よし子です。

地域密着工務店が建てた新築、今はどうなのだろう?

地域密着工務店が、近所に建てた外断熱の家、
住みごこちを聞いてみると、
10数年すぎた今も、
「冬あたたかく、夏涼しい家・・」と。
それは、昔聞いたものと同じだった。

大きな会社が建てる家だけでなく、
小さな工務店が建てた、いい家もあるからと、
この度、お孫さんのお嫁さんと二人で来店された。

デザインだけを気にしている若い方に対し
本当にいい家を手に入れてほしいという
お気持ちが伝わって来る。

男性は外観から、女性は細かい場所の、
気に入ったかわいいところに注意が行く。
研究熱心な人は、知識が多くなり過ぎて、逆に
何が良かったのか迷ってしまわれる。

ご家族の想い、
大切なお金、
後悔しない家づくりをして、
幸せになってもらいたいと心から願う。

2千万の家は、現金でない限り、
その額では買えません。
家よりも、高い買い物が、実はローン!
そうです。ローンが一番高い買い物なんですね。

大切な家族の命を守る住まいは、
健康でいられること、
災害で電気を使えなくなった時でも、
寒さや、暑さから守れる家がいい。

せっかく新築するなら、
家の性能や、内装に配慮して
「健康に関心があるあなたが選んだ家だけある」と、
家族や友人に言ってもらいたい。

無垢の床フローリングや、
珪藻土の塗り壁、
気持ちのいい自然素材には、
「足の裏が喜んでる~」
(アトピッコハウス(株)ブログより)
このような言葉を、わが子から聞きたい。

社長が今でも持ち続ける思い
「母を暖かい家に住まわせたかった」。
その思いが、「暖かい家」へのこだわりとなっている。
そして、冬に暖かい家は、
その素材や造りから、
夏に涼しい家になる。

「親孝行は、生きている間にしなさい」
という社長の言葉に、
遠慮なくさせてもらっています。
いつも感謝です。
自然素材の気持ちいい家を造るのが好きだから、いつも家族が元気で笑顔があれば、
豊かな明日があります。幸せを願うことから家づくりは始まります。

ダイコーホーム
http://www.daikocp.co.jp
株式会社 大光コーポレーション
社長  阿部  健